TOP > CAD委員会 > Computer-aided Diagnosis(CAD)勉強会 > 第1回

第1回JAMIT Computer-aided Diagnosis(CAD)勉強会

はじめに

本年9月よりCADM学会は日本医用画像工学会(JAMIT)と合併をいたしましたが、CADM学会で毎年行われていたCADMコンテストはJAMITコンテストとして引き継がれます。CADM(JAMIT)コンテストでは、未知の腹部3D-CTデータを使用した臓器や腫瘍の自動抽出を競います。CADM学会では、このコンテストの参加者やCAD研究者のための勉強会を年数回開催してきましたが、引き続きJAMITとして勉強会を行います。 勉強会では、画像診断医による臓器や疾患の特徴解説や、CADプログラム改良のためのディスカッションを行います。CADプログラム開発のための医学的知識の会得だけでなく、各施設における実際の抽出結果を見ながらアドバイスも受けられます。また、新しいデータベース症例を配布する際には、診断医と研究者が同じ画像を見ながら解剖学的特徴や病巣、副所見を確認していきます。

今回の内容

今回は、本年8月に開催されたCADM学会共催・第27回日本医用画像工学会大会(JAMIT Annual Meeting 2008)で行われたコンテストに参加された方々から、プログラムの反省点や今後の改良点について発表していただき、それについてディスカッションを行います。

日程

平成20年10月4日 (土曜日) 13時-17時 場所 名古屋大学 IB電子情報館南棟462号室 http://www.suenaga.cse.nagoya-u.ac.jp/wiki/index.php?%A5%A2%A5%AF%A5%BB%...

出席希望者はあらかじめ、名古屋大学大学院情報科学研究科 森 健策先生kensaku@@is.nagoya-u.ac.jp(@をひとつ除いてご使用下さい)宛に下記の文章を含んだメールをお願いいたします。

締め切り

平成20年9月30日
CAD勉強会に出席します
施設名 OO大学
参加者(全員) OOXX XXOO
連絡先(代表者のみ) XX@xx.xx

JAMIT CAD委員会
国際医療福祉大学三田病院 放射線医学センター 縄野 繁
kensaku@@is.nagoya-u.ac.jp(@をひとつ除いてご使用下さい)